Tokyo Yammy Ramen Guide

Meal & Restaurant for Japan Sightseeing trip

Gyukotu Ramen Matador(Ramen/Kita-Senju)

time 2014/07/18

Gyukotu Ramen Matador(Ramen/Kita-Senju)

sponsored link

English Guide

Restaurant name:

Gyukotsu Ramen “Matador”

 

Photo menu name:

Zeitaku Cha-Gyu Ramen with Ajitama

*Ajitama : tasted boiled egg

 

Price: 1050JPY

 

Rating by this site: ★★★★★ 5.0

ingredient:◎
originality:◎
price and volume:○
want eat again?:◎
access and shop’s feel:○

 

OPEN:

11:30-14:30,18:00-21:00 (Tue-Sat)
11:30-16:00 (Sun, pub holidays)

 

ADRESS:

1F NAKAMURA bldg. 2-4-17 Senju-Higashi, Adachi-city, Tokyo

 

NEAREST STATION:

[C18] Kita-senju (Metro Chiyoda Line[C])

 

Google MAP:

 

Japanese Guide

『牛骨らぁ麺マタドール』(北千住)

 

メニュー名:贅沢焼牛らぁ麺(味玉つき) 1050円

 

評価:★★★★★

 

今回は仕事でたまたま訪れた北千住でラーメン探し。
そこで見つけたのがこのお店。
食べログなどでも評価が高いようで期待を持って入店。

いつもは混んでいるのでしょうが、今日は平日、さらにランチのピークも越えていたこともあり、待つことなく着席。
すると、思ったよりも待たずにラーメンが出てきました。

まずはスープを一口。おそらく「これは!!」となると思います。多くの人が豚骨スープなどに慣れる中で、この牛骨スープが舌に与える印象はなかなかにインパクト。牛肉の脂の甘さがスープに溶け込み、これまでに食べたことのない味を楽しませてくれます!

お次に麺の上に豪快に乗っている焼牛(チャーギュー)をぱくり。
これは見た目通り、ローストビーフのようなお味。
ただ、実はこの下にホロホロになるまで煮込まれた牛肉に隠されており、これが絶品!コラーゲンたっぷりで甘さを強く感じるホロホロ肉と、全粒粉を使った細麺がマッチして、最高のハーモニーを生み出します。

麺がなくなっても、細切りメンマや刻みネギ、エシャロットなど歯ごたえのある具を使っているのでスープだけでも美味しく頂けます。

店名から店の個性がしっかりしていて、味もそのレベルに達している魅力的なラーメン屋さんでした。

 

味・具材(ingredient):◎
個性・印象(originality):◎
価格・量(volume):○
リピーター度(want eat again?):◎
アクセス・雰囲気(shop’s feel):○

 

営業時間:

[火~土]11:30-14:30,18:00-21:00
[日・祝祭日]11:30-16:00

住所:東京都足立区千住東2-4-17 中村ビル1F

sponsored link

down

コメントする




Ebisu/Meguro Area

Ginza / Nihonbashi Area

Ichigaya/Iida-bashi/Suido-bashi Area

Kanagawa Pref

Saitama Pref

Skytree/Kinshicho Area

Tokyo Bay Area

Western Area of Tokyo



sponsored link