Tokyo Yammy Ramen Guide

Meal & Restaurant for Japan Sightseeing trip

Mensakaba Kamachi (Ramen/Ebisu)

time 2015/10/18

Mensakaba Kamachi (Ramen/Ebisu)

sponsored link

English Guide

Restaurant name:

Mensakaba “Kamachi”

 

Photo menu name:

Umi-Dashi Ten-nen Ganen Men

(Umi-dashi:seafood broth, Ganen:rock salt)

 

Price: 700JPY

*You can have “Oo-mori” (large portion)

 

Rating by this site: ★★★★★ 5.0

ingredient:◎
originality:◎
price and volume:◎
want eat again?:◎
access and shop’s feel:◎

 

OPEN:

11:30-15:00, 18:00-25:00 (Mon-Thu)

11:30-15:00 18:00-27:00 (Fri)

 

ADRESS:

2F INA bldg. 4-4-14 Ebisu, Shibuya-ku, Tokyo

 

NEAREST STATION:

EBISU station (JR Lines / Metro Hibiya Line)

 

Google MAP:

 

Japanese Guide

『麺酒場 框(かまち)』(恵比寿)

 

メニュー名:海出汁天然岩塩麺 700円 ※大盛無料

評価:★★★★★
JR恵比寿駅の東口から歩いてすぐのビルの2階にひっそりと店を構えているこのお店。2時すぎにいきましたが、お客も少なくちょっと隠れ家的なお店です。

大きくわけて「海出汁」「山出汁」「つけめん」という3種類のメニューを提供しており、今回は海鮮のダシをふんだんに使った海出汁を注文。説明によると、昆布・鰹節・鯖節・秋刀魚節に、貝汁を加えたものらしく、相当手間暇かけていそうな気配。期待感が高まります!

少し待つと、そこに現われたのは、しっかり下の麺までクリアに見渡せる黄金色のスープ!早速、れんげで掬って一口。その瞬間に口の中に海鮮の風味が広がります。よく魚介系スープにありがちなクセはまったくなく、一口では何の出汁がわからないほど絶妙に組み合わされたスープはお見事。

麺は中麺のストレート。ボリュームもしっかりあって、都内の700円という価格を考えたらコスパ的にも素晴らしいでしょう。具の半切り卵も黄身はトロっとしており、豚肉も厚さ5mm以上あるのに箸でつまもうとすると崩れそうにならないぐらいホロホロに煮込まれていて、良いこだわりが感じられます。

褒めるべき点が多いのですが、なんといってもやはりスープが最大の魅力で、それを最大限に目立たせるために具は食感がないぐらいに脇役に徹している世界観がいいですね。ネギなどの薬味もこのメニューにおいては邪魔になるので、それを意識して超少なめにしてあるのだと思います。

味や量は文句なしで大満足、個人的にも恵比寿ならぜひここをオススメします。
味・具材(delicious?):◎
個性・印象(originality):◎
価格・量(price,volume):◎
リピーター度(want eat again?):◎
アクセス・雰囲気(Access,shop’s feel):◎

 

営業時間:11:30-15:00 18:00-25:00 (金曜は27:00迄) 土日祝休

住所:東京都渋谷区恵比寿4-4-14 イナビル2F

sponsored link

down

コメントする




Ebisu/Meguro Area

Ginza / Nihonbashi Area

Ichigaya/Iida-bashi/Suido-bashi Area

Kanagawa Pref

Saitama Pref

Skytree/Kinshicho Area

Tokyo Bay Area

Western Area of Tokyo



sponsored link