Tokyo Yammy Ramen Guide

Meal & Restaurant for Japan Sightseeing trip

Menya Kaijin (Ramen/Kichijoji)

time 2016/01/12

Menya Kaijin (Ramen/Kichijoji)

sponsored link

English Guide

Restaurant name:

Menya Kaijin (Kichijoji)

 

Photo menu name:

Aradaki Shio Ramen (flavored with salt)

 

Price: 830JPY *You can have “OO-mori” (large portion)

+150JPY : You can order Heshiko-yaki Onigiri (rice ball flavored with powder of dried mackerel)

 

Rating by this site: ★★★☆☆ 3.0

ingredient:○
originality:△
price and volume:○
want eat again?:△
access and shop’s feel:○

 

Heshiko-yaki Onigiri (rice ball flavored with powder of dried mackerel)

Heshiko-yaki Onigiri (rice ball flavored with powder of dried mackerel)

 

OPEN:

11:00-15:30, 16:30-23:00 (Mon-Fri)
11:00-23:00 (Sat, Sun, pub holidays)

 

ADRESS:

2F KUMAMOTO bldg. 1-5-9 Kichijoji-Minamicho, Musashino-shi, Tokyo

 

NEAREST STATION:

KICHIJOUJI station (JR Chuo Line)

 

Google MAP:

 

Japanese Guide

『麺屋 海神』(吉祥寺)

 

メニュー名:あら炊き塩らあめん 830円 ※大盛無料

へしこ焼おにぎり 150円
評価:★★★☆☆
新宿に本店がある麺屋海神の吉祥寺店に行っていました。焼き上げた魚のアラを炊き上げてつくるスープは魚の種類によって毎日風味が変わるとのこと。

今回は店の看板メニューであるあら炊き塩らあめんを注文。おすすめだという鯖のぬか漬け「へしこ」の焼おにぎりとセットで頼みました。

焼おにぎりを焼く手間もあって、少し時間がたってからラーメンが登場。早速、最大の目玉であるスープを一口。すると、澄んだ見た目とは裏腹に意外とコクを感じるお味。麺は塩ラーメンの定番、ストレート中麺です。具は鶏なんこつのすり身と、海老のすり身、そしてシャキシャキとネギがアクセントになっています。

そして、麺を食べ終わったらスープの中に焼おにぎりを投入!崩して雑炊にします。すると、鯖の風味が広がり、さらに食欲を刺激すること間違いナシ。

個人的にはラーメンだけだと塩味も抑え目にしていることから少し大人しすぎる印象。ある程度、食べ進んだタイミングでテーブルの上にあるへしこの粉をまぶすのがおすすめです。

 

味・具材(delicious?):○
個性・印象(originality):△
価格・量(price,volume):○
リピーター度(want eat again?):△
アクセス・雰囲気(Access,shop’s feel):○

 

営業時間:[月-金] 11:00-15:30, 16:30-23:00 [土・日・祝] 11:00-23:00

住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-5-9 くまもとビル2階

sponsored link

down

コメントする




Ebisu/Meguro Area

Ginza / Nihonbashi Area

Ichigaya/Iida-bashi/Suido-bashi Area

Kanagawa Pref

Saitama Pref

Skytree/Kinshicho Area

Tokyo Bay Area

Western Area of Tokyo



sponsored link