Tokyo Yammy Ramen Guide

Meal & Restaurant for Japan Sightseeing trip

Men-ya Takeichi(Ramen/Shimbashi)

time 2013/05/10

Men-ya Takeichi(Ramen/Shimbashi)

sponsored link

English Guide

Restaurant name:

Men-ya Takeichi

 

Photo menu name:

Noukou Toribone Shoyu Ramen (Noukou : thick soup,Torihone : chikens’s bones)

Ajitama (tasted boiled egg)

 

Price:

Noukou Toribone Shoyu Ramen 780JPY

Ajitama 100JPY

 

Rating by this site: ★★★★★ 5.0

ingredient:◎
originality:◎
price and volume:◎
want eat again?:○
access and shop’s feel:○

 

OPEN:

11:30-16:00, 17:30-26:00 (Mon-Fri)
11:30-18:00 (Sat and pub holidays)

 

ADRESS:

1F SHIMBASHI-IKENO 3RD bldg. 3-6-13 Shimbashi, Minata-city, Tokyo

 

NEAREST STATION:

Shimbashi (JR Yamanote Line [ JY ])

 

Google MAP:

 

Japanese Guide

『麺屋武一』(新橋)

 

メニュー名:濃厚鶏骨醤油そば780円+味玉100円

 

評価:★★★★★

 

新橋の少しわかりにくい路地裏にあり、鶏白湯に醤油を合わせてスープが売りのこのお店。 早速、そのスープを一口、口に運ぶと、濃厚という名にふさわしく、スープが舌を包み込むほどに濃厚。 それでいてベースが鶏なのでしつこい感じはなく、醤油もしっかり利いているので、醤油ラーメン派も好きな味でしょう。

麺は、中麺で、ほぼストレートに近いもの。 具はスープを鶏にしているのに合わせて、鶏肉のスライスに鶏つくねが入っています。 そして、柔らかめの鶏肉との相性を考えてか、シャキシャキのネギも入っており、具のバランスはGood! 味玉も、ほどよく半熟気味になっており、美味しく頂けます。

あとテーブルに魚粉があるのでお好みで。 魚粉を入れると、一気に和風に変化しますので、飽きずに食べられます。 料理のテーマもしっかりしていて、減点すべきところは見当たりません。 また機会があれば、ぜひ行ってみたいと思いました 。

 

味・具材(delicious?):◎
個性・印象(originality):◎
価格・量(price,volume):◎
リピーター度(want eat again?):○
アクセス・雰囲気(shop’s feel):○

 

営業時間:

[平日]11:30-16:00, 17:30-26:00
[土・祝]11:30-18:00

住所:東京都港区新橋3-6-13 新橋池野第3ビル1F

sponsored link

down

コメントする




Ebisu/Meguro Area

Ginza / Nihonbashi Area

Ichigaya/Iida-bashi/Suido-bashi Area

Kanagawa Pref

Saitama Pref

Skytree/Kinshicho Area

Tokyo Bay Area

Western Area of Tokyo



sponsored link